もじばかりでたいへんみにくい

ちょっとどうでもいい話 サックスレパートリー 所持ゲームリスト 過去配信履歴 メディア

うさまよリハーサル


メディア

響け!サクソフォーンとウィンドシンセ
ザ・デスクトップミュージック
イベントまとめ
舞台めぐり


響け!サクソフォーンとウィンドシンセ


ザ・デスクトップミュージック

  2021年5月25日
All about You

  2020年3月24日
夜明けのビーナス

  2019年12月29日
ハワイへ行きたい

  2019年11月17日
Truth

  2019年10月9日
Omens of Love

  2018年4月14日
ようこそジャパリパークへ

  2013年3月31日
コネクト

  2012年8月6日
もってけ!セーラーふく


イベントまとめ

2019年9月22日 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE UNI-ON@IR!!!! SPECIAL
2019年3月8日 Wake Up, Girls! FINAL LIVE 〜想い出のパレード〜
2019年2月24日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART V KADODE〜宮城
2019年2月17日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART V KADODE〜愛知
2018年11月3日 第12回 飯田 丘のまちフェスティバル
2018年10月6日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART U FANTASIA〜大阪
2018年9月28日 アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ アニON劇場カフェ
2018年9月2日 わぐらぶ限定ファンミーティング「もっともわぐらぶ愛してる」神奈川
2018年8月4日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART T Start It Up,〜埼玉
2018年6月10日 舞台 Wake Up, Girls! 青葉の軌跡
2018年5月12日 Green Leaves Fes
2018年3月31日 わぐらぶ仙台バスツアーPartV
2018年1月13日 Wake Up, Girls! Character song series 3 発売記念イベント
2017年12月10日 Wake Up, Girls! Festa. 2017 TRINITY
2017年9月16日 Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!東京
2017年8月5日 Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!宮城
2017年7月23日 Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!大阪
2017年5月28日 舞台 Wake Up, Girls! 青葉の記録 Blu-rayリリースイベント
2017年3月18日 ソロでイベント、やらせてください!2017
2017年1月22日 舞台 Wake Up, Girls! 青葉の記録
2016年12月11日 Wake Up, Girls! Festa. 2016 SUPER LIVE
2016年8月28日 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR あっちこっち行くけどごめんね!東京


2019年9月22日 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE UNI-ON@IR!!!! SPECIAL


THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE UNI-ON@IR!!!! SPECIALに参加してきました
半年ぶりのさいたまスーパーアリーナ
そしてミリオンライブ!のライブは初現地です
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます

今回の6thライブは仙台、神戸、福岡と地方を回り、最後にSSAで追加公演という形式でした
ミリシタを遊んでいることもあり、地方の3公演は各1公演ずつライブビューイングで参加しました
SSAでの追加公演で確保できたチケットは2日目のみでしたが、1日目はやはりライブビューイングで参加しました
ライブビューイングに参加するのも初めてでしたが、衣装やキャストの表情などもしっかり見られるので、これはこれでいいものですね


新幹線は随分早い時間で予約していましたが、前日にパンフレットを買っていたので、それほど急ぐ必要はありませんでした
なので、同日に開催されていたゲームレジェンドというイベントに寄っていくことにしました
レトロゲーム中心の同人誌即売会といったところでしょうか
コミケにも行ったことがないのでとても新鮮でした

お目当ては岩崎啓眞氏のイース通史など
PCエンジンで育ってきた私にとって、ドラクエの堀井氏に次いで名前を覚えたゲームクリエイターだと思います
凄ノ王伝説、イースI-II、天外魔境II、エメラルドドラゴンなど、当時はよく遊びました
今になって当時の開発環境やその裏側が知れるというのも、とても面白く貴重な機会でもあります

そして次に向かったのは、のぞみる、かやたんのず〜ぱらだいすのイベント物販
新幹線の中でイベントがあることを知り、物販だけならチケットがなくても参加できるようだったので行ってきました
短時間でしたが久しぶりに知り合いのわぐなーさんに会うこともできたので行ってよかったですね
Tシャツが欲しかったのですが残念ながら買えず、かわりに帽子を買ってきました


さて、そんな寄り道もたくさんしつつSSAに到着
私の中にはまだわぐなーの血が流れているので若干のアウェー感は感じつつも、開演前のこの雰囲気はいいものです
アイマスには名刺交換という習慣があることは知っていましたが、身内同士でやるだけでなく店を開くようにやっている方もいたのは驚きです
フラワースタンドも愛にあふれているものが多く見ていて飽きません


座席は下手側の400レベルで、センターステージがほぼ正面あたりの位置でした
WUGファイナルのときは、ありがたいことに奇跡レベルの良席でしたが、良席過ぎて会場の広さがあまり感じられなかったんですね
今回は400レベルでかなり遠いとはいえ、位置が高いのでダンスパフォーマンスはよく見えましたし、
なにより会場全体を見渡すことができ、会場が一体となって盛り上がっている様子がよく伝わってきました

初めてのミリオンライブ!のライブでしたがとても楽しめました
パフォーマンスも良かったですし、衣装もすごくかわいかった
MTGのユニットをフィーチュアした構成だったので、ミリシタからのファンである私でも知っている曲が多かったのも良かったです
次は5月に野外ライブが企画されているようなので、もし機会があれば参加したいですね

1日目はゲームレジェンド、ず〜ぱら物販、ミリオン6thとかなりハードな日程でしたが、
2日目も同じくらいか、それ以上にハードな日程となりました
折角久しぶりに東京まで来たわけですから、ミリシタの舞台めぐりをしてきました
主に東京駅、豊洲、台場、秋葉原周辺を回りました









とりあえず撮影したものを並べてみました
豊洲駅周辺はシアターのモデルとなる場所があったり、コミュでも見慣れた場所が多いですね
このあとゲームのスクリーンショットと合わせて比較できるようにしたいと思います
また機会があればこのほかの場所も訪れてみたいです


最後に今回の購入物です
あまり物販で買いすぎるのもどうかとこれまでの反省を踏まえて、パンフレットとウェストポーチのみを買いました
パンフレットは想像以上のボリュームで、まだすべてを見ることができていません
下に並んでいる4冊はゲームレジェンドのもので、こちらも読むのが楽しみです


2019年3月8日 Wake Up, Girls! FINAL LIVE 〜想い出のパレード〜


Wake Up, Girls! FINAL LIVE 〜想い出のパレード〜に参加してきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます

解散が発表されてからずっと2つの気持ちがありました
1つはとても残念だという気持ち
これはここまで応援してきた私が個人的に感じるもの
そしてもう1つはもったいないなという気持ち

もったいないというのは私個人の気持ちというのとはちょっと違って
ここまで歌って踊ってトークもできて、メンバー間の絆も深くて、コンテンツとして面白いユニットってそんなにないと思うんですね
この気持ちはずっと続いていて、特に解散が間近に迫った愛知公演、仙台公演でより一層強くなりました
パフォーマンスが良ければよいほどもったいないというこの気持ちは強くなります

しかし今回のファイナルライブが終わって、不思議とこのもったいないという気持ちがなくなったように思います
最高を超えた圧巻のパフォーマンスでした
最後のライブとして全力ですべてを出し切っているその姿から解散に対する覚悟のようなものが感じられました
さすがにここまでされたらもったいないなという気持ちが吹き飛ぶくらい、それくらい説得力のあるパフォーマンスだったように思います

解散であって引退するわけではないので、今後もメンバーそれぞれをこれまで通り応援していきたいと思います
Wake Up, Girls!を通じて知り合いになった方々とも、これからも何らかの形でかかわりを持てたらと思いますし、
そしてなによりも東北の地をまた再び訪れたいとも思っています
Wake Up, Girls!のみなさん、6年間本当におつかれさまでした


今回の購入物
売り切れを恐れてだいぶ早くから並んだので、ほしいものは一通り買うことができました
物販のために早朝から並ぶのもどうかと思うんですが、やはり想い出を記憶だけでなくものでも残しておきたいんですね
バッグステッカーはツアーのものも含めるとすべてバッグに張り付けるのが大変だったので、アクリルスタンドに飾ってみました


もともと引きこもりがちだった私がWake Up, Girls!のイベントに参加するようになって随分と外に出るようになりました
宿泊を伴う時はいつもこのカバンを使っていました
折角なのでこのWake Up, Girls!のキーホルダーはこのままずっとつけておこうかと思います
またいつかこのカバンを使ってわぐちゃんたちに会いに行けたらいいなぁ

さいたまスーパーアリーナに「ありがとう」が溢れる――Wake Up, Girls! FINAL LIVEリポート - ファミ通.com


2019年2月24日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART V KADODE〜宮城


Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART V KADODE〜、宮城公演に参加してきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます

Wake Up, Girls!の長かったツアーもいよいよファイナル
全国12会場、33公演、本当におつかれさまでした
私は最終日24日の昼公演に参加しました
仙台観光と合わせて感想などを書きたいと思います


まずアニメの舞台としては、島田家、J&B 北目町店、コスモ石油東八番丁SS、仙台定禅寺ビルを今回新しく訪れました


そしてこれが今回の舞台めぐりのメインだったんですが、7 Girls WarのMVのロケ地を回ってきました
このMVのロケ地めぐりではかなり長距離を歩いたのでとても疲れました
でも自分の足で目的をもって散策するというのは楽しいですね
こちらでアニメ、MVの映像と比較して掲載しておりますので、ぜひご覧ください

今回のライブ期間中は仙台の多くの場所でWake up, Girls!に関するフェアなどをやっていました


イービーンズ



ゲーマーズ仙台店



アニメイト仙台店


HMV仙台 E BeanS


アニメガ仙台ロフト店


イオン仙台店


国際センター駅


今回の宿
もはやカプセルですらないカプセルホテルみたいな感じ
いろいろと不安はありつつも、泊まってみれば特に不都合はありませんでした
そして何よりもめちゃめちゃ安かった

私が参加するライブは24日でしたが、物販は23日も並びました
購入するのは会場限定チャームとバッグステッカーだけなのですが、特にチャームは売り切れが心配です
そこで朝は5時ごろに起床し、6時ごろには現地到着
物販開始は10時からなので、これだけ余裕をもっていけば先頭とかに並んじゃうかも


は?
どゆこと?
物販開始4時間前にもかかわらずすでにこれほどの待機列ができていました
先頭の人は一体いつから並んでるんでしょうか?

現地の方が言うにはこの時期の仙台にしては寒くないほうとのことでしたが、とにかく寒い
そしてそんな中4時間も並んで待った結果…
チャーム、買えませんでした
うそでしょ!?

そんな反省を踏まえて、翌日は4時半から並びました
当然まだ真っ暗です
4時半でもすでに50人くらいは並んでいましたね
そしてついに…


買った!勝った!
欲しいものを手に入れるんだよ?
情熱も投資も必要だよ
世の中お金じゃ買えないものもあるんだよ


さて、ここで今回の購入物です
左上から、仙台銘菓 萩の月
熊谷屋のごまっこゆべしとくるみゆべし、菓子 林田藍里
上述のチャームとバッグステッカー、WUG!デザインマンホール展示でいただいたポストカード

下に並んでいるのはCD、BDの予約、購入特典のブロマイド(1000円ごとに1枚もらえる)
ファイナルツアーパート1、2、3のBD(各8000円)をすべて予約し合計24枚(7人3セット+3枚被り)もらいました
そしてなんとよっぴーの直筆サイン入りがありました
私が手にした初の直筆サイン入りブロマイドです



今回の座席は3階席で、最初はちょっと遠いかな、まぁチケット取れただけでもいいのかななどと考えていました
しかし、実際に着席してみると3階といってもそれほど遠いわけではありませんでした
むしろWake Up, Girls!の魅力の1つであるフォーメーションダンスをじっくりと堪能できました
次々とフォーメーションを変える様子はまさにカレイドスコープのように美しく圧巻です



今回のステージで特に印象深かったのは企画コーナーの中の桜色クレッシェンドでした
ソロイベント2017の曲の中でも特に好きな曲で、この曲を仙台で聴けただけでも感無量といった感じでしたが、
曲の終盤、仙台でWUGにかかわった人たちのメッセージが映像で映し出されて思わず涙が溢れました
わぐなーやスタッフをはじめ、仙台のみなさんなど本当に多くの方々に支えられてここまで来られたんだなと改めて実感しました



最後の最後まで本当に楽しいステージでした
楽しければ楽しいほど解散が残念でならないと未だにその感情を捨てきれずにいますが、
「解散をまだ受け入れることができない人はそれでもいいと思う。私たちもそうだから」
といった奥野さんの言葉が印象的で、ちょっと救われたような気がしました


今回のイベントでは去年のバスツアーで出会った人たちと久しぶりに会うことができて、そういった部分でも充実して過ごせました

部屋が同室だったT氏
事前に示し合わせているわけでもないのに、これまでにも意外と偶然会うことができたりしていて不思議でしたね
夜公演はいかがでしたか?
私は早々に諦めて飛行機を予約してしまいましたが、最後まであきらめなければ夢はかなうのかもしれませんね

23日の公演後に一緒に食事をしたW氏
宮城のおいしい料理を食べられる場を用意していただき本当にありがとうございました
たくさんお話もできてとても充実した時間を過ごすことができました
WUGを知ったきっかけとか、コンテンツに対する考え、距離感などが私と近いものがあって共感を覚えることが多かったです

バスで隣の席だったS氏
大変失礼な話ですが、バスツアー以来一度もお会いすることができずお顔を忘れかけておりましたので、
声をかけるときはひょっとしたら人違いかも?とちょっと緊張していましたが、声をかけてよかったです
解散後もメンバーを応援していく気持ちは同じですので、またどこかでお会いできたらいいなと思っています

最後に今回食べたグルメの数々をご紹介


中部国際空港セントレアで食べたとんかつ


村上屋餅店のづんだ餅


かやたんのバイト先、餃子の天ぱりの久留米ラーメンと天ぱり餃子


泰陽楼のマーボー焼そば



牡鹿半島、わぐなーさんと食べた宮城の郷土料理の数々


うんめぇにゃ〜発祥の地、味の牛たん喜助


あいちゃんも大好きな鯛きちのたいやき

次はいよいよラスト、さいたまスーパーアリーナでのファイナルライブですね
6月の解散発表のときはまだまだ先だと思っていましたが、ついにここまで来てしまいました
最後の最後まで誰一人欠けることなく、無事に有終の美を飾ってほしいと思います
私も最後まで楽しく全力で応援を続けたいと思います


2019年2月17日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PARTV KADODE〜愛知


Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART V KADODE〜、愛知公演に参加してきました
初の地元開催でようやく念願がかなったといったところでしょうか
遠征ではなかったので画像少なめ、まとめもちょっと短めです
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます

今回は2日間で合計3公演あり、私は2日目の昼公演と夜公演に参加しました
1日目も物販のために会場に行きました
開始時間が分からなくて9時ごろ現地に着きましたが、開始がなんと14時
5時間も待ちました


今回の購入物は、マフタータオル、Tシャツ、パンフレット、缶バッチ、会場限定リボンチャーム、ブロマイド、ライブブロマイド、
バッグステッカー(と、購入特典のチケットホルダー、缶バッジ、特典ブロマイド、朗読劇複製台本)
バッグステッカーはソロコンプのために十数枚買いましたが、最初の7枚を開封して全部揃いました
7種類が順番に並んでいるのかもしれません



さてここからの感想はネタバレを含みますので、閲覧注意でお願いします

昼公演のセットリストは、TVアニメ1期、続劇場版の曲を中心に、キャラソンメドレー2、タイアップアニメの曲など
夜公演では7 Girls War、言の葉 青葉がそれぞれ7 Senses、雫の冠に、キャラソンメドレーは3を披露
タイアップアニメの曲はスキノスキルと昼が恋?で愛?で暴君です!、夜が僕らのフロンティア
昼夜共通で恋愛サーキュレーション、HIGAWARI PRINCESS、TUNAGO、Polaris、地下鉄ラビリンスと初披露のさようならのパレード

言の葉 青葉と雫の冠の2曲が一度に聴けたのはすごく嬉しかった
この2曲の吉岡さんのソロがすごく好きなので
また、キャラソンメドレー3をライブで聴くのは初めてでした
HIGAWARI PRINCESS、僕らのフロンティアは初めて参加したライブで初披露された曲で個人的に思い入れの深い2曲です

座席が昼夜ともにかなり良かったです
特に昼公演での通路にメンバーが下りてくる演出では、田中さんが手を伸ばせば届きそうなほど近くに来てくれました
夜公演は昼公演よりももう少しステージに近い席で、客席に緩やかな傾斜があるのでとても見やすかったです
メンバーの表情までわかる席だとやはりより一層ライブが楽しめます

そして今回のライブの目玉といえば、やはり初披露のさようならのパレードではないでしょうか
この曲はイントロにタチアガレ!のフレーズが使われてるんですよね
またダンスにこれまでの曲の振り付けが多く盛り込まれていて、これもまたグッとくるものがありました
個人的には「極上の笑顔で また会いたいんだ」という歌詞が特に印象に残っています

PARTT、Uまではあまり解散ということを感じさせない終始楽しいライブでした
しかしPARTVではMCの端々に解散に向けてのコメントもあり、いよいよ終わりが近づいてきたんだなと感じました
ツアーファイナルの仙台公演、SSAでのファイナルライブ、どちらも最高のパフォーマンスを期待しています
7人そろってのパフォーマンスはもう残り少なくなってしまいましたが、4月以降もメンバーそれぞれの活動に注目していきたいですね


昼夜の公演の合間にわぐなーさんと食事に行きました
都会とも田舎とも言えない中途半端な一宮はいかがだったでしょうか?
仙台在住の方で、1週間ごとにお互いの地元を訪れることになります
なんだか不思議な気分ですね


2018年11月3日 第12回 飯田 丘のまちフェスティバル

長野県飯田市にて行われた丘のまちフェスティバルに参加してきました
今回の目的は、WUGの舞台めぐり、なみきちゃん(cv高木美佑さん)と知り合いのわぐなーさんのステージイベント
これだけ目的がそろえば行かない理由はないでしょう
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


行きは少し早めに家を出て高速道路を使わずにひたすら山道を進みます
紅葉がとてもきれいでした


最初の目的地である梅花園に到着
自宅からは約100kmくらいで3時間ほどかかりました


JR飯田駅の駐車場に車を停めて丘のまちフェスティバルに向かいます
とても派手な駅ですね


みゅーちゃんも参加するもち投げが11時からということで会場に向かいます
袴姿のみゅーちゃん、すごくかわいい
先週末に体調を崩されていたようですが、元気な姿が見られて安心しました
めちゃめちゃ人いっぱいいましたがなんとか1つだけおもちをキャッチできました


12時からはメインステージでみゅーちゃんのミニミニライブ
かなり間近で見ることができて、あまりの可愛さに箱推しから単推しに推し変しそうです
見た目のかわいらしさも魅力的ですが、やわらかな声質がとても好きだったりします
VRカメラを設置していたのであとで何かしらのコンテンツとして見られるかもしれません


みゅーちゃんのステージの後は飯田市動物園に行ってきました
とても小さな動物園ですが、なんと入場無料です


次のステージまでまだ時間があったのでこの間に昼食
長野県の郷土料理おやき
こちらも長野県の郷土料理であるおたぐりが入った焼きそば
長野県とはたぶんあまり関係のない霜降りフランク




展示されていた痛車の数々
これでもほんの一部です


14時からは知り合いのわぐなーさんであるここあ。さんのステージ
まだそんなに何度も会ったことがあるわけではないのですが、いろいろと気さくに話をしてくれて楽しい時間が過ごせました
演奏も衣装もとても素敵でしたよ
また機会があれば演奏聴きに行きたいと思います


その後夕方から行われる後夜祭にも参加しました
席が中央ブロックの下手側の最前列
そしてみゅーちゃんはつねに下手側でお話していたので、ずっと目の前で距離もめちゃ近い!
あぁ本当に来てよかった


東北のずんだホライずんのアニメ上映があり、終了後ずんだ餅をふるまっている方がいました
まさか飯田でずんだ餅が食べられるとは思っていなかったよ


飯田は焼き肉のお店が多いということで入ろうか迷いましたが、一人焼き肉はちょっとハードル高いかな
ということで今回もラーメンを食べて〆ました

街ぐるみで手作り感あふれるとてもいいイベントでした
距離的にもそれほど遠くなく、また時期的にも紅葉が楽しめるので来年も行きたいなと思いました
今回はあまり下調べをせずに参加してしまったため、あまり多くの催し物を回ることができませんでした
次行くときはもう少し下調べをしてから行くことにしよう


2018年10月6日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART U FANTASIA〜大阪

Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART U FANTASIA〜大阪昼公演に参加してきました
参加を決めたときは昼公演のみを日帰りでという予定でした
ただそれだと物販でほしいものが売り切れてしまうことがこれまでに何度もあったので結局前泊することにしました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


JR新大阪駅に到着後まず向かったのはJR大阪駅
続・劇場版 後篇 Beyond the Bottomの舞台めぐりです
昨年の4thツアーのときは新大阪駅付近を探していてこの場所を見つけられませんでした
〇〇駅と新〇〇駅ってわかりづらいですよね


そのあとはとにかくひたすら食べ歩き
まずは前から食べてみたかった551の豚まん


たいやきとたこやき
ゲーマーズやアニメイトなどに寄りつつ、今回は割と早めにホテルに向かいました


今回のホテル


昼にいろいろと食べ過ぎたので、夜は軽くうどんをすする程度に

朝は6時に起床し、6時半ごろには出発
物販開始は10時からなので、これだけ余裕をもっていけば先頭とかに並んじゃうかも


は?
どゆこと?
物販開始2時間半前にもかかわらずすでにこれほどの待機列ができていました
先頭の人は一体いつから並んでるんでしょうか?


正面から見ると神殿みたいで格好いい
近くに映画館やショッピングモールなどもあってとてもいい会場でした

さすがにこれだけ早く着いたので、物販では売り切れることもなく欲しいものを買うことができました
が、物販開始と同時に始まったパート3のチケット販売
最終日2月24日の仙台夜公演を狙っていたのですが、買うことができませんでした
3分くらいで売り切れてしまいましたね


今回の購入物はトートバッグ、Tシャツ、パンフレット、パート1の朗読劇の台本(購入特典)、
チケットホルダー、缶バッジ、特典ブロマイド(すべて購入特典)、
会場限定リボンチャーム、メンバーカラーリボンチャーム(よっぴー、あいちゃん、かやたん、みゅー)、
缶バッジ(ななみん)、ライブブロマイド、通常ブロマイド

左に並んでいるのはバッグステッカー
今回も一人でコンプさせてしまいました
できればツイッターなどで交換を募って集めたいところですが、コミュスキルがなさ過ぎてそういうのは無理っぽいです
被っているものが大量にあるのでほしい人はあげますよ(4thツアーやパート1のステッカーも大量にあります)

今回もいっぱい買ってしまいました
最近ライブがあれば当たり前のように参加していたり、物販なども当たり前のようにたくさん買ってしまいます
さすがにこれはちょっとよくないなと
来年度からはこうしたことはもう少し控えようかと思っています


開場までわぐなーさんと一緒に近くのショッピングモールで昼食


さてここからの感想はネタバレがあります
これからライブに参加する人は見ないほうがいいと思います

開演前のクロノトリガーのサントラから、イントロでクロノクロス、民族音楽つながりでスキノスキル
ファンタジーRPGっぽい演出からのoutlander rhapsody
ここまで表題であるファンタジアを具体的に演出してくるとは思っていませんでした
特にスキノスキルの紗幕を使った演出はとても美しく幻想的でした

大阪公演ということで、コントやリーディングライブなど吉岡さんが特に大活躍でした
歌って踊って、舞台もやってコントもできる、作詞までしちゃう声優わぐちゃん、すばらしいです
こうした席に座って楽しめるコーナーがあるのはおっさんにはとてもありがたいです
私はパート2は今回の大阪公演のみの参加ですが、各会場ごとにまた違った楽しみが展開されるのでしょう

披露された楽曲としては、あぁ光塚歌劇団とNon stop diamond hopeを初めてライブで聞くことができました
ほかにもスキノスキル、少女交響曲、Beyond the Bottomなど聞きたいと思っていた曲が多かったのでとても満足でした
ライブでまだ聞いたことがない曲もだいぶ少なくなってきました
個人的にはまだ一度しか披露されていないはずの、王様のカデンツァがどこかで聞けたらいいなぁと思っているのですが

参加予定のライブも残すところ2月の愛知公演、宮城公演と少なくなってきました
随分先でもう解散間際の公演になりますね
楽しみである一方で、やはり少し寂しい気もします
仙台に行くときは観光を兼ねてまた少し長めに滞在できたらいいなと考えています


2018年9月28日 アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ アニON劇場カフェ

名古屋で開催されているアイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ アニON劇場カフェに行ってきました
イベントというほどのものではなく、いわゆるコラボカフェです
とはいえ、ミリオンライブのコンテンツのためにわざわざ足を運んだのはこれが初めてかもしれません
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます

昼過ぎごろに名古屋に到着
予約制で私が参加するのは15時30分から
まずは大須のゲーマーズに向かいました
今回名古屋に行ったのは実はもう一つ目的があって、それは…


声優、諏訪彩花さんの1st写真集
ここ最近偶然いくつか動画を見てすっかり気に入ってしまいました
今買えばリリースイベントの握手会にも申し込むことができるのでこれは買ってしまおうと
ちなみにミリオンライブでは徳川まつりのキャラクターボイスをやっています

そして勢い余ってミリオンライブのCDも買っちゃいました
音源よりもライブBDがついているのでそっちのほうが欲しくて
このままさらに勢い余ってミリオンライブのライブBDとか買ってしまうかもしれません
CDもミリシタ以降のMILLION THE@TER GENERATIONのシリーズあたりは欲しくてほしくて仕方がないんですけどね

ミリオンライブはこれまでゲームだけに抑えて、キャストには極力意識を向けないようにしてきました
WUGのようにキャラクターとキャストにあまり一体感を感じなかったので、あまり興味がなかったというか
ただ最近はミリシタのゲーム情報収集のためににこなまとかも見ているので、少しずつキャストの人たちも覚えてしまいました
具体的に数えたわけではないですが、たぶんキャストの半数以上は顔と名前が一致するでしょう


最初、こういったところって男一人で行って浮いたりしないかな?とか思ってましたが全然そんなことはなく
複数人でうぇーいって感じの人たちはいなかったです
プログラムが始まるまでしばらく時間があったので、ミリシタのコラボカフェだからミリシタをやることにしました
15時を過ぎてガシャも更新されてましたし


さすがミリシタコラボカフェ!
無料10連でいきなりFES限定のやよいをお迎えすることができました


店内の様子
衣装は撮影OKということでたくさん撮影しました




左の紫の衣装はちょっとわかりませんが、右の衣装はミリシタでも実装されているシャイニートリニティですね
ネクタイの部分がイメージカラーになっているので、これは天海春香さんの衣装でしょうか

プログラムの内容は店員さんのMCとともにお客さんのリクエストによる楽曲を流すというもの
音楽だけではなく、スクリーンもありライブ映像やミリシタ内のMVなども流れました
私は徳川まつり(CV諏訪彩花)のフェスタ・イルミネーションのライブ映像をリクエストしました
ミリシタ未実装の曲なので知らない曲なんですが、諏訪彩花さんの映像が見たかったのでついリクエストしてしまいました


飲みたいものではなく、欲しいコースターで選んだコラボドリンクとパフェ
ちなみにこれらは後期期間限定メニュー


展示物の数々
前期期間限定メニューのコースターなども展示されてました


メニューがそれほど多くないのでさすがに1回行けば満足かな
知ったのが最近だったので、もっと早くから知っていれば前期と合わせて2回行きたかったですね


2018年9月2日 わぐらぶ限定ファンミーティング「もっともわぐらぶ愛してる」神奈川

わぐらぶ限定ファンミーティング「もっともわぐらぶ愛してる」に参加してきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


今回は物販などもなく急ぐ必要がなかったので、安いけど停車駅が多い新幹線プランぷらっとこだまを利用しました
名古屋〜新横浜間を新幹線だけで片道約2時間半くらいでしょうか
新幹線を含めたすべての移動時間を考えると片道5時間くらいかかっていそうです
イベントの前に少女交響曲のロケ地にも行ってみたかったので、結局家を出たのは早朝でした


少女交響曲のロケ地、中原平和公園 野外音楽堂
それまで曇ってはいたものの雨は降っていなかったのに、最寄り駅についたころから結構激しく雨が降り始めました
雨の中苦労して撮影し、撮影を終えてバス停についたころに雨が止みました
さすがです、田中さん


会場のカルッツかわさき


わぐなーさんと一緒にお昼はカレー


前回のファンミーティングでは浴衣を着ていたようですが、今回はハロウィンの衣装でした
キャラソン2のわぐらぶ購入特典ブロマイドの衣装で、なんとなく見覚えがありました
このころはまだWUGのCDを集めていなくて、私はこれらのブロマイドは残念ながら持っていないですね
かわいらしい衣装に照れるまゆしぃもかわいかったですが、衣装としてすてきだなと思ったのはみにゃみかな

過去の秘蔵映像ではリハーサル中にダンスの立ち位置が迷子になって呆然としているまゆしぃが特にかわいくて面白かったです
みんな昔からかわいかったですが、やっぱりちょっと子供らしさというか、おいもちゃんっぽさがありましたね
全員二十歳を過ぎて、大人の女性らしい魅力も増してきたと感じます
本人も言っているようにかやたんだけは、昔のほうが大人っぽい気もしますが

アニサマの振り返りで、過去のアニサマの映像を編集したものが今回スクリーンに映し出されたとのことで、その映像も披露されました
あれだけ広いSSAの会場で、客席が緑のペンライトで埋め尽くされているのは圧巻でした
また続・劇場版と同様にセンターステージに進むシーンなどもぐっとくるものがありました
曲数は2曲と少なかったですが、最後にアニサマの舞台に立てたのは本当に良かったと思います

ライブパートではソロイベ2017の曲が披露されました
2018のほうはソロイベに参加していないということもあり、パンフレットは買ったのですが実はまだあまり聞いていなくて
個人的には2018よりも2017のほうを聞きたかったのですごくうれしかったです
ななみんとみにゃみの衣装も懐かしかったです

あとライブパートで印象的だったのはまゆしぃの歌です
音程とかリズム感が良いのはもちろんのこと、抑揚のつけ方などの表現力がとても豊かですごく上手だと思います
言の葉 青葉や雫の冠のソロパートなどでもいつもうまいなぁと感心します
さすがセンターを任されているだけのことはありますね

ちなみに私の隣の席の人は、やたらと響く手拍子をする(咲きクラ?)、結構な体格でドッスンドッスンジャンプする、
推しの出番が終わったら座ってスマホをいじるなど、絵に書いたような厄介な人でした
幸い私は通路沿いの席だったので、体半分くらい通路側に退避してあまり気になりませんでしたが、
反対側の隣の人や、特に後ろの人は怒り心頭だったのではないでしょうか

さて今回のイベントですが、正直なところ開催が発表されたとき参加しようかどうか迷いました
解散が決まっているユニットのファンミーティングって何やるんだろうって
でも結果的にはすごく楽しめたし、参加して正解だったと思います
2時間ずっと立ちっぱなしのライブよりも、半分トーク、半分ライブのこういった形態のほうがおっさんには助かります

ただ、楽しければ楽しいほど、やっぱり解散のことも考えてしまいます
特に最近WUGちゃんねるやANNi、ぺらじも復活して以前と変わらない賑わいを見せていて
それはすごくいいことなんだけど、あと半年ちょっとで解散してしまうという現実が信じられないほどに
こんなことばかり考えてしまう私は、わぐちゃんに依存しすぎでしょうか


さてかなり酷い絵面ですが、今回の戦利品です
今回は物販がなかったので、イベントと直接関係があるのはななみんのブロマイドだけですね
わぐらぶ継続の特典でこれを選びました
実は初めてわぐらぶに入会した時の特典でもあり、まさか2年越しで手に入れることができるとは思いませんでした

3冊並んでいる冊子はお昼を一緒に食べたわぐなーさんにコミケで買ってきてもらった同人誌
えっちな表紙のものもありますが、中身はゲーム関連のかなりまじめな本です
とりあえず1冊読みましたが本当にすごく面白くて、買ってきていただきただただ感謝です
いつかコミケにも一緒に行きましょう

うまい棒はイベント終了後に別のわぐなーさんからいただいたもの
もらった時は気づかなかったのですが、牛タン塩味だったんですね
イベントやツイッター上での絡みはあまりないのですが、いつもツイートを楽しく拝見しております
いつか一緒においしいお酒を飲める日を楽しみにしています

サイリウムはあいちゃんの曲のときにピンクのサイリウムを振りましょうと提案している人からもらったもの
こういった行動力って本当にうらやましい
実際に桜色クレッシェンドのときは、青とピンクが半々くらいでしたね
一面のピンクとまではいかなかったけれど、あいちゃんの目にはどのように映ったのでしょうか

イベントの最後にTUNAGO東北ろっけんソロイベントツアー「パンフレットURA」の情報が解禁されました
5周年ライブはこれまで見てきたライブのなかで一番完成度が高いと感じているので、これが映像化されるのは本当にうれしいです
バスツアーに参加するために、ソロイベツアーはあきらめてしまったので、そのドキュメンタリー映像もすごく楽しみです
あと、私は持っていますがソロイベ2017のパンフレットを買えなかったそこのあなたは絶対に買いましょう


2018年8月4日 Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART T Start It Up,〜埼玉

Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- 〜PART T Start It Up,〜
埼玉 大宮ソニックシティ昼公演に参加してきました
FINAL PART Iは全公演終了していますが、内容についても若干触れていますので一応閲覧注意ということでお願いします
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


今回も前回の舞台と同様に始発+新幹線のぞみという東京最速パターン
なぜこんなにも急ぐのかというと物販で売り切れの可能性があるからです
ただちょっと意識しすぎかなという気もしています
ライブのために行くというよりも物販のために行くような感覚になってしまっています


9時過ぎに会場である大宮ソニックシティに到着
物販開始45分くらい前ですがすでにかなり並んでいました


で、今回の購入物(購入ではない配布物もあります)
まぁいっぱい買いましたね

大変残念なことにメンバーのリボンチャームを全部そろえることができませんでした
デザインも良くて、メンバーそれぞれのキーワードが入ったものだったのでどうしてもそろえたかったんですけどね
物販開始30分くらいで4種類ほど売り切れてしまい、ちょっと数が少なすぎるんじゃないかと思いました
昼公演前の売り切れはよくあることで、夜しかイベントに来られない人もいるだろうにと毎回思います

購入したものを見てみると、ほとんどのものに「PART T Start It Up,」と書かれています
つまりPART Uではこれらの販売はもうないということになります
しかし、トートバッグとリボンチャームにはPART T Start It Up,と書かれていません
もしかしたらPART Uでも販売があるのかもと淡い期待を持っています


今回の席は2階10列のほぼ中央付近でした
ステージからはかなり遠かったのですが、2階でしかもすぐ前が通路だったのでとても見やすかったです
普段は一番手前側のメンバーを注視していることが多いですが、今回はステージ全体のフォーメーションを中心に見ていました
WUGのフォーメーションダンスのすばらしさを改め堪能できました

そしてなんといっても、奥野さんと山下さんがすぐ目の前の通路でキャラソンを披露するという演出がありました
客席に降りるといった演出はなかなか難しいとは思いますが、ファンとしてはとてもうれしいしどんどんやってほしいところです
こうした演出が許されるようになってきたのは、わぐなーさんが割とマナーがいいからなのかもしれませんね
某フュージョンバンドのようにもっと客“席”の上とかで暴れまわってもいいんですよ?参考

公演中盤で披露された朗読劇も新たな試みとしてとてもよかったです
やはりWUGはアイドルではなくて声優ユニットなので、それを活かしたいい演出だったと思います
また楽曲のなかのパフォーマンスとしてはSHIFTの椅子を使ったダンスも今までになかった感じで印象的でした
とにかく今回の公演は今までにないチャレンジが随所にちりばめられていたと感じました

このようにとても完成度の高い公演だっただけに、やはりどうしても解散のことが頭の中をちらついてしまいます
ここまで歌って踊れる声優ユニットってそうそうないんじゃないだろうかと
彼女たちは解散に向けて最後のライブとして、また解散のさらに先に向けてこんなにも頑張っているというのに、
私は未だにその現実を受け入れがたく思っています


昼公演終了後はゲーマーズの衣装展示を見に行きました




制服衣装というか、まぁ普通の制服ですよね
本人たちはそろそろこの衣装に抵抗があるといったことを随所で漏らしていますが、私はとても似合っていていいと思います
アニメともリンクしていますし、ある意味一番WUGらしい衣装といえるんじゃないでしょうか
スペースの都合上仕方がなかったと思いますが、せっかくなのでできれば全員分の制服を見てみたかったです

次は9月のファンミーティング
さらにその次は10月の大阪公演
パートIIIはまだ詳細がはっきりしませんが、少なくとも1つは行く予定です(できれば最終公演には参加したい)
7人がそろった形での活動を見られるのは残り少ないので、その1つひとつをしっかり楽しみたいと思います


2018年6月10日 舞台 Wake Up, Girls! 青葉の軌跡

舞台 Wake Up, Girls! 青葉の軌跡を鑑賞してきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


地方わぐなーの朝は早い
今回は始発+新幹線のぞみという東京最速パターンでの移動
なんでそんな早く東京に行こうとしたのか自分でもよくわかりません
時間が余りまくって仕方がないので、少女交響曲 MVロケ地めぐりもあわせて行いました


東京駅に着いてまず西新宿にある新宿中央公園 水の広場を目指します
向かう途中で都庁の近くを通りました
そういえば前回の舞台のときにも、アニメ映画「君の名は」の舞台めぐりのためにここに来ました
あのときの舞台めぐりがきっかけで、そのあとWake Up, Gilrs!の舞台めぐりなどもするようになりました


次にやってきたのは下北沢志保
駅付近のビルの屋上でMVのロケが行われたとのことでした
来てみたはいいものの、やはり屋上とか入れませんでしたね
ロケが行われたというビルはちゃんと見つけましたよ


ここまででMVロケ地めぐりの1日目の日程は終了となり、舞台の会場である草月ホールについたのは11時30分ごろ
昼公演の開場時間ですが、私が参加するのは夜公演のみ
物販開始の14時30分まで何をして過ごそうか
外でじっとしていてもあれなので、なんとなくあたりを散策しました


高橋是清翁記念公園
ドイツ文化会館
カンボジア王国大使館
なんか修学旅行でもしている気分


ぐるっとまわってたどり着いたのは国際新美術館
ここも以前君の名はの舞台めぐりで来たところでした


今回の舞台、私は千秋楽、夜公演の1公演のみの鑑賞でした
すごく後悔しました
もっと見ておけばよかったと
せめてあと昼公演だけでもチケットをとっておくべきでした

前半部分はアドリブで演技されているところが随所にあり、本当に楽しんで演じられているのが見ていてわかりました
舞台は生ものというのはよく聞くけれど、こういうことなのかなと感じました
また後半のシリアスな場面ではとても緊張感のある演技で心打たれました
舞台の練習期間は短かったと思いますが、5年という長い間に培われたキャラクターへの深い愛情が見事に形になっていたと思います


公演終了後は、バスツアーで知り合ったわぐなーさんと一緒に夕食
Green Leaves Fesに引き続きまたこうしてお付き合いいただきありがとうございます
なかなか周りにWake Up, Girls!などの共通の話題で盛り上がれる人がいないので、話をしていてとても楽しかったです
また今後ともよろしくお願いします


カプセルホテルじゃないホテルは落ち着けますね
そして今回の購入物
Tシャツ、ランダム缶バッチ(みゅーちゃん)、オリジナルフォトブック(特典)、パンフレット、複製台本、プレートライト
ブロマイドはランダムのものは買わず、ランダムではないものは全部買ってしまいました(7人×2種類×3枚=42枚!)


翌朝はバスで渋谷方面へ
渋谷といえば前回の舞台が行われたAiiAシアターがあるところですね
ちなみにこのTSUTAYAも君の名はの舞台だったりします
ここまででMVロケ地めぐりは終了となりました


あとは秋葉原にでも行って適当に過ごそうと思い山手線に乗っていたところ
ん?巣鴨?
そんなわけで唐突に巣鴨でKISS ME MVロケ地めぐりが始まったのでした
画像とか何も用意していなかったので、その場で映像などを探しながらの撮影でしたがとても楽しかったです


秋葉原で食べたゴーゴーカレー
初めて食べたけどめちゃうまかった


いつものメイドカフェ
いかがわしさ満点


ラストに締めは名古屋、キャッスルプラザのインド料理アクバル
約20年ぶりの来店で懐かしさいっぱいのうんめぇにゃ〜

今回の少女交響曲、巣鴨でKISS MEのMVロケ地めぐりにあわせて、舞台めぐりのページを更新しました
よければ必ずご覧ください


先ほどWake Up, Girls!の2019年3月での解散が発表されました
どんな形であっても、とにかく長く続いてほしいと願っていたので、この発表は本当にとても残念でした
解散の発表を見て、自分でも驚くほど動揺しています
改めて自分はこんなにもWake up, Girls!を熱心に応援していたんだなと気づきました

この歳になって、声優ユニットとかアイドルとかをここまで熱心に応援するようになるとは思っていませんでした
過去にもそういった経験はなく、そういう意味では今は私にとってまさに第二の青春時代のような気持ちでいたりもします
このような体験を得るきっかけを作ってくれて感謝の気持ちでいっぱいです
最後まで全力で応援を続けたいと思います


2018年5月12日 Green Leaves Fes

わぐちゃん、らんがちゃん初の共演イベントGreen Leaves Fesに参加してきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


今回はぷらっとこだまを利用して日帰りという日程
そのため参加したのは昼公演のみ
いろいろと事情があり宿泊を伴う参加が難しいので残念ながら夜公演は諦めることになりました
これはもう東京に住むしかないな

そんななか、バスツアーで知り合ったわぐなーさんから夜行バスを利用して時間を確保するという話を聞きました
夜行バスは安く済む代わりに時間がかかるのではと思ったのですが、そうではなくイベント当日の早朝に到着できるということ
帰りも新幹線が無くなっても夜行バスなら帰ることができる場合もあると
なるほど、そういった使い方を考えたことはありませんでした


名古屋発始発のこだまに乗ったにも関わらず、物販では特典がかなり早いタイミングでなくなってしまい入手できませんでした
夜行バスを使ってあと1時間早く会場についていれば手に入れることができたと思うと、夜行バスという選択肢もありなのかもしれません


昼公演のセットリスト
HIGAWARI PRINCESS -PRINCESS Yoshino ver.-
7 Senses
オオカミとピアノ
カケル×カケル
リトル・チャレンジャー
恋?で愛?で暴君です!
プラチナ・サンライズ
極上スマイル
7 Girls War
16歳のアガペー
セブンティーン・クライシス
Beyond the Bottom
タチアガレ!
Polaris
少女交響曲

一般投票によるランキングにプラチナ・サンライズ、セブンティーン・クライシスがあるのはちょっと意外でした
両方とも2ndツアーで披露された曲で、一般の人にはあまり馴染みがないように感じられたので
それ以外はわりと納得のランキングといった感じでしょうか
個人的にはスキノスキル、Jewelry Wonderlandなどの新しい曲も聞いてみたかったかな

らんがちゃんのパフォーマンスを初めて見ましたが、あれだけ大きな舞台にもかかわらずとても堂々としているなぁと感心しました
わぐちゃんとともに今後の成長が楽しみな3人です
アニメは終わってしまいましたが、折角アニメから派生したユニットですから、これからも定期的に合同ライブをやってほしいですね
I-1 club、ネクストストーム、マキナXも参加の合同フェスとかいつか実現しないかなぁ

トロッコやスタンド席を使って、より多くのファンの近くでパフォーマンスをするという演出はとても良かったと思います
今回の席はC4ブロックということで残念ながらかなり後方でしたが、トロッコが割と近くを通っていきました
スタンド席の最前列はトロッコとほぼ同じくらいの高さだったと思うので、より楽しめたんじゃないでしょうか
スタンド席後方に至っては本当にすぐ目の前でパフォーマンスをしていたようでうらやましい限りです

両ユニットともライブツアーの発表がありこちらも期待ですね
会場がまだすべて発表されていませんが、そろそろ名古屋に来てもいいですよ
あとライブの中でのバースデーサプライズは今回初めてで、一緒に祝うことができてよかったです
よっぴーの22歳のアガペーも面白かったですが、歌いづらくなるからやめろよーと言っているあいちゃんがなんかかわいかった


今回の物販で購入したのは、パンフレット、Tシャツ、ペンライト、ライブバッグ、ブロマイド
ペンライト従来のものとは違ってかなり貧弱なつくりでしたが、ライブバッグはかなり良い出来で普段から使えそうです
ブロマイドは、かやたん、はやまる、もっちーでした
現役女子高生のブロマイドとかちょっと興奮してしまいますね


終演後の海浜幕張駅付近で、クリエイティブうたのおねえさん、松山あおいさんが路上ライブをしておりました
去年のソロイベ、わぐフェスに続いて3度目の遭遇でした
今回も応援の意味でCDを買いましたが、その際に「以前15Days買ってくれた方ですよね」となんと覚えていただけていました
撮影OK、拡散希望とのことでしたので掲載させていただきます(↑右の画像をクリックすると動画が見られます)


イベントそのものはとても満足でしたが、やはり日帰りというのがきつい
体力的にもきついし、特に食事があまり満足なものが取れないのが残念なんですね
普段外出も外食もあまりしないので、こういったイベントの時はちょっとはめを外して楽しみたいです
6月の舞台は1泊する予定なので、おいしいものを食べながらゆったりと楽しめそうです


2018年3月31日 わぐらぶ仙台バスツアーPartV

わぐらぶ仙台バスツアーPartVに参加しました
ぎりぎりまで迷ったのですが、今回はソロイベも東北ということで参加が難しいため、バスツアーに参加することにしました
3泊4日の仙台旅行のまとめなので、イベント自体の内容にはあまり触れていません
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


中部国際空港セントレア
名古屋から仙台までは1時間5分


今回は新章の舞台めぐりとあわせて、TUNAGO MVのロケ地も回ると決めていました
仙台空港近郊の荒れ地もその1つで、震災では大きな被害を受けたようです
後述する石巻もそうですが、こういった荒れたままの土地を目の当たりにすると震災の恐ろしさを感じます
新章最終話のライブ会場はきっとこのあたりなんでしょう


仙台空港と仙台空港駅


仙台駅に到着後バスで中山に向かいました
バス停にあるガードレールのようなベンチのようなものですが、少なくともこの使い方は間違っているような気がします


新章でわぐちゃんたちが暮らす中山モダンハウスです
管理人の方がとても気さくで話しやすかったので、いろいろとお話を聞かせてもらいました

ここが中山モダンハウスという名前で運営を始めたのは去年の四月からだそうです
一昨年のわぐフェスで公開された新章のティザーのなかですでに中山モダンハウスが映っていましたが、
このときはまだただの空き家だったとのこと
アニメの舞台としてここまでガッツリとつかわれ、ファンの方がこんなにも来るとは思っていなかったとおっしゃっていました


中山モダンハウスから桜ヶ丘公園に向かいました
徒歩で25分くらいと、ちょっと遠いです


だいぶ早く予定していたところを回ることができたので、ホテルに向かう前にビジュゥによってパンネクックを食べてきました
交流ノートにらんがちゃんのコメントを見つけました


今回は泊数が多いということもあり、できるだけ安く済ませるためにカプセルホテルに泊まりました
ネットカフェでもそんなに金額は変わらないという情報をいただいたので、次回宿泊するときは調べてみようかな
夕食は以前から食べてみたかった麻婆やきそば
めちゃくちゃおいしかったですが、自分でも作れそうな気もしますね


翌日、バスツアーの集合時間までかなり時間があったので、定禅寺通りと勾当台公園に行ってきました


グリーンリーヴズ事務所周辺を散策しながら熊谷屋でゆべしと菓子 林田藍里を購入
ここでもらんがちゃんのコメントを発見


昼食はかやたんのバイト先、餃子の天ぱり
らんがちゃんも1日で結構まわってますね


仙台駅でわぐちゃん、らんがんちゃんのコメントボードを見てから、バスツアーの集合場所E BeanSに向かいます
ここからが本編なのですが、基本的に撮影禁止だったため画像はほとんどありません
今回の参加者は約500人、バス10台という過去最大の規模だったようです
私は1号車の1列B席でした

まず最初に出発式が行われました
1号車から順に前から並んでいたので最前でわぐちゃんを見ることができましたが1列B席なので一番端のほうでした
それでも間近で見るわぐちゃんはみんなかわいくてちっちゃかったです
そしてこのあとE BeanS屋上からバスまで500人が列をなして移動するのでした

今回のバスツアーはたびのレシピという旅行会社によって運営されており、添乗員も主にこちらのスタッフの方でした
2号車の添乗員さんが圧倒的な人気を誇っていましたが、私は自分が乗っていた1号車の添乗員さんを推します
はじめて参加したバスツアーでしたが、安心して楽しく過ごすことができたのは添乗員さん、運転手さんのおかげだと思います
本当にありがとうございました、そしておつかれさまでした


宿泊先の秋保グランドホテルに着くとわぐちゃんたちのお出迎えがありました
私はだれよりも早く真っ先にお出迎えしてもらいましたが、やはり本人たちを目の前にしちゃうとなにも話せなかったですね


部屋では早速同室の方々といろいろとお話しました
普段ほとんどほかのわぐなーさんとお話をする機会がないので、こうしてつながりを持てたのは本当に良かったです

にこなまでも配信されたわぐちゃんたちと過ごす夕べではかやたんのトークに参加しました
同室のわぐなーさんからもどういったイベントだったのか少しお聞きしましたが、とても斬新な企画だったようですね
まゆしぃの激しいダンスも間近で見られてとても楽しかったです
ちなみににこなまで私の姿は映ってましたね…

夜の二次会ではMOGRA 秋葉原の店長さんによるアニソンクラブイベントが開催されました
途中でわぐちゃんも参加したりとこちらも大盛り上がりでした
終了後はほかの人たちとは少し時間をずらして、ゆったりと温泉に入ってきました
露天風呂に入るなんて何年ぶりだろう


翌日朝はみんなでラジオ体操
こちらも恒例行事になっているようですね


午前中は閖上朝市で自由時間
こちらの閖上地区も震災で大きな被害を受けた地域のようです


そして午後からはいよいよ結成5周年のスペシャルライブ
私の座席はなんと最前列!
の一番端から2番目…
出発式の時といい、今回はこういうの多いな

とはいえ、ステージの端のほうでパフォーマンスする場面も多かったし大満足でした
歌もダンスもセトリや生バンドもすべてが最高によかったです
曲順まではさすがに覚えていませんが、披露されたのはこちらの23曲
たぶんあってるはずだけど違ってたらごめんね

タチアガレ!
7 Girls War
16歳のアガペー
言の葉 青葉
ワグ・ズーズー
少女交響曲
素顔でKISS ME
Beyond the Bottom
地下鉄ラビリンス
プラチナ・サンライズ
セブンティーン・クライシス
HIGAWARI PRINCESS
僕らのフロンティア
恋?で愛?で暴君です!
ゆき模様 恋のもよう
TUNAGO
7 senses
スキノスキル
Polaris
リトル・チャレンジャー
ジェラ
止まらない未来
One In A Billion

ダブルアンコールではわぐなーからわぐちゃんたちへミニキャンドルを使ってのバースデーサプライズ
わぐちゃんたちも泣いていましたが、サプライズを仕掛けているこちらも号泣でした
5周年の記念すべき瞬間を一緒に過ごすことができて本当に良かった
わぐちゃん、5周年おめでとうございます

バスツアー終了間際に、同室だったわぐなーさん、バスで隣だったわぐなーさんと連絡先を交換しました
ただ残念なことに、ホテルを出た後に同室だったわぐなーさんで一人だけ会うことができず連絡先を交換できなかった人がいます
今からでもなんとかして連絡を取ることはできないだろうか
もしこの記事を見ていたらツイッターなどで知らせていただけると助かります(1605号室)


バスツアー終了後も余韻に浸りながら同室だったわぐなーさんと少しお話をしていました
次に会うことができるのは5月のグリーンリーヴズフェスですね
イベントそのものも楽しみですが、またお会いできることを楽しみにしています
二日間、ありがとうございました


夕食は味の牛たん 喜助でうんめぇにゃ〜
翌日は早朝の出発だったので、この日は早めに休むことにしました


最終日の目的地は石巻
早朝に出発してサン・ファン・バウティスタパークを目指します
最寄り駅の渡波駅から歩いて25分ほど
潮の香りがとても心地よかったです


石巻駅まで戻り、次に向かったのは日和山公園です
こちらも駅から25分ほどと、今回の旅行は歩いてばかりですね


TUNAGO MVロケ地めぐりの最後は南浜つなぐ館前
震災前は住宅街だったことが信じられないほどに、今は本当に何もありません
これまで訪れた東北の土地は比較的復興が進んだきれいなところが多かったのですが、
まだこのように復興が進んでいない場所も多くあることを知りました


石巻は石ノ森章太郎の第2の故郷でもあるそうです
バスツアーで知り合った地元わぐなーさんに教えてもらった石巻焼きそばのお店で昼食をとりました


今回もいろいろとおいしいものを食べましたが、そういえばずんだもちを食べてない!
ということで7 Senses MVのロケが行われたお茶の井ヶ田でずんだもちを食べました


以上、バスツアーを含めた3泊4日の仙台旅行のまとめでした


2018年1月13日 Wake Up, Girls! Character song series 3 発売記念イベント

Wake Up, Girls! Character song series 3 発売記念イベントに行ってきました
日帰りだったので写真は少なめ
さすがに東京(というか秋葉原)も目新しさがなくなってきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


恒例になりつつあるメイドカフェ
一番左はうさまよを書いてもらいましたが、撮影するまでにすっかり溶けてしまいました

次に向かったのは↑のメイドカフェのすぐ隣のPCショップ
ちょっと前からほしいと思っていたゲーミングチェアの試座をしてきました
今使っている椅子はもう15年くらい前に買ったものであり、ぼろぼろな上に質も悪くて座り心地もよくない
ほしいと思っている椅子はちょっと高めのものだけど、毎日使うものなので多少お金がかかってもいいものを買うべきかなと


ちょうどタイミングよくゲーマーズでWake Up, Girls!のがんばっぺレディオ!展が開催されていました
アニメが終わってもこうしてイベントを開いていただけるのは本当にうれしいですね
わぐらぶで注文した私が、会社でお仕事がんばっぺ!を見られるのはもうちょっと先になりそうです
わぐのCDコーナーにリアルアニマルの写真が貼ってあったのはちょっと面白かった


イベントのトーク内容は、キャラソンカップリング曲解説、新章振り返り、Polarisについて
内容はとても楽しかったのですが、時間とお金のパフォーマンスはさすがに良いとは言えないと思いました
これはもう東京に住むしかないな
あとNon stop diamond hopeをどう略すのかという話題がありましたが、私はNsdh派です


イベント終了後に食べたつけめん
今回もとてもうんめぇにゃ〜でした


2017年12月10日 Wake Up, Girls! Festa. 2017 TRINITY

Wake Up, Girls! Festa. 2017 TRINITYに行ってきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


地方わぐなーの朝は早い
といっても今回は前泊なので急ぐ必要はなかったのですが


まずは秋葉原へ寄って腹ごしらえ
今回のラーメンは最強油そば 春日亭


とらのあな、メイドカフェ、ゲーマーズ、アニメイトなどを巡り、そのあとに池袋に行きました
画像はその収穫物

とらのあなで購入したWUG舞台解説は日々是妄想というサイトで発行している同人誌
こちらのサイトではさまざまなアニメの聖地巡礼が紹介されています
Wake Up, Girls!の舞台も非常に詳しく解説されており、私も仙台遠征する際には参考にさせていただきました
もしまた仙台に行くことがあれば、次は新章の舞台めぐりの参考にさせてもらいたいと思います

今回メイドカフェで一緒に写真を撮ったのは、スーパープレミアムメイドのChimuさん
かやたんとみにゃみのように二人で1つのわぐポーズ


ゲーマーズではWUGコーナーがあり、またエレベーターがWUG仕様になっていました
アニメイトでも階段に巨大パネルが展示してあったりなど、アニメ放映中のこういった仕様は普段あまりないのでうれしいですね


池袋にある宮城ふるさとプラザというアンテナショップで熊谷屋さんのゆべしが購入できるということで行ってみました
伊達武将隊の伊達政宗公もおられました


そして夜はそのまま宮城ふるさとプラザで夕食をとりました
ひさしぶりの牛タン、うんめぇにゃ〜でございました


今回の宿はこちら
夜はぺラジを聴いたり、ななみんのオールナイトニッポンiを聴いたり、らんがちゃんのラジオを聴いたりなどわぐづくしで過ごしました


朝は7時半に起床し、8時半ごろには出発
物販開始は10時からなので、これだけ余裕をもっていけば先頭とかに並んじゃうかも


は?
どゆこと?
物販開始1時間前にもかかわらずすでに1000人(スタッフ談、同日開催のプリパラ物販列と合同)ほどの待機列ができていました
先頭の人は一体いつから並んでるんでしょうか?


2時間ほど並んでようやく物販終了
欲しかったものが買えたからよかったものの、これで買えなかったら前泊した意味がまったくなくなってしまうところでした


今回の収穫物はパンフレット、Tシャツ、ブロマイド、マフラータオル、キーホルダー、ペンライト、トートバッグ
WUGグッズ全部ですね
I-1 clubとネクストストームのグッズはまぁいいかな
ブロマイドはみにゃみ、まゆしぃ、あいちゃんの3人でした


そして今回のフラワースタンド
めちゃくちゃ多いです
撮影したのはWUG関連のものだけで、同日開催のプリパラのフラスタも一緒に並んでおりものすごい数でした
とても多くの人に愛されるコンテンツに成長したんだなぁと改めて実感しました







今回の座席はB2ブロックの最後列付近ということで、それなりに前の方でした
張り出しステージでのパフォーマンスでは表情までしっかり楽しめました
トロッコも近くを通り、あいちゃんともばっちり目が合いました
また前方だったからか、去年感じたような音響の悪さもあまり感じることはありませんでした

セットリストもネクストストームの無限大ILLUSIONやI-1 clubの新曲披露などのサプライズが数多くあって楽しめました
なかでも同じ夢を見てるの演出がとてもすてきで印象に残っています
また言の葉 青葉、雫の冠での吉岡茉祐さんのソロは感動的にうまかったです
あと高野麻里佳さんがこれまた感動的にかわいかったのも強烈に印象に残っています


終演後、駅に向かう途中で3月のソロイベのときにお会いした松山あおいさんがストリートライブをしておりました
アニサマのけやき広場でのステージを経験したものの、それだけではまだ全然有名になれていないとおっしゃっていました
なんだかどこかのアニメのようなお話ですね
応援の意味を込めて1枚買わせていただきました

『WUG!』出演者たちが全力で駆け抜けた“Wake Up, Girls! Festa. 2017 TRINITY”リポート - ファミ通.com
WUG:幕張のライブイベントに声優陣が集結 真夢&志保のデュオ、新曲、演歌も - MANTANWEB(まんたんウェブ)
18名のキャストが圧巻のパフォーマンス!「Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY」 | オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93
『WUG Festa.2017 TRINITY』レポート!新曲、演歌、まさかのなまはげ!? | アニメイトタイムズ
【レポート】多数の初披露曲にファン歓喜!「Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY」 | 超!アニメディア
「Wake Up, Girls!フェス」レポ - アキバ総研


2017年9月16日 Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!東京


Wake Up, Gilrs! 4th Live Tour ごめんねばっかり言ってごめんね!
東京昼公演に参加してきました
長いようで短かったツアーもいよいよ千秋楽です
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


会場はZepp Tokyo
11時ごろ到着し、物販を終えるまで3時間くらいかかりました(物販自体は10時開始)
私よりも後ろに並んでいた人は、物販を終える前に開場が始まってしまいした
今回は整理番号順の入場なので、番号が早くても物販を先に済ませるにはかなり早く会場に到着する必要があることになります


開場直後の様子
右の画像で中央から右側の細い通路へと待機列がつながっており、その先歩道に出てからもまだずっと列が続いています
ちなみに物販はちょうど撮影場所の真下当たり
今回は開場後もチケットがなくても物販は利用できるようでした




フラワースタンド
千秋楽だけあってたくさんありました
「大好きばっかり言ってごめんね!大好き!!」May'nより
うまいこと言うなぁ

そんなMay'nさんが昼公演ではシークレットゲストとして参加
大変なスケジュールの中だったようで、こうして参加していただけるのは本当にうれしい限りですね
ファンからだけでなく、スタッフやそのほか周りの関係者など、多くの方から愛されているんだなと感じました
7会場14公演、本当におつかれさまでした


今回の戦利品
うん、そうなんだ。またいろいろと買ってしまったんだ

パンフレットブースターとバッグステッカーの東京バージョンとファイナルはもともと購入するつもりでした
トートバッグは大阪で購入したわぐらぶ版にはステッカーを貼るので、それとは別に通常版も1つ買っちゃいました
マフラータオルは去年まゆしぃを買ったので今回はあいちゃんを買って、7年かけてメンバー全員分を集めようかなと
わぐらぶ限定のバッグステッカーも3会場バージョンをもらいました

これまでブロマイドや缶バッヂには興味がなかったんですが、記念に1セットずつ買うのもいいかと思い購入
ブロマイドはかやたん、みゅーちゃん、まゆしい、缶バッジはななみんでした
あとANiUTaのキャンペーンでも缶バッヂキーホルダーをもらうことができて、こちらはかやたんでした
ブロマイドはBDやDVDの特典だったり、イベント参加での配布だったり、なんだかんだで結構枚数が増えてきました


夕食は汁なし担々麺とチャーハンと餃子でうんめぇにゃ〜

翌日の帰りの新幹線は夕方ごろ
せっかくあまり来ることがない東京なので、いつも帰りは夕方ごろにしていますが
結局いつもやることがなくて時間をつぶすのに苦労しています
なんとなく毎回秋葉原に来ていますが、秋葉原でもとくに興味があるものってあまりないんですよね

まんが、読まない
アニメ、好きだが買ってまでは見ない
ゲーム、これ以上積みゲーを増やせない
WUG関連、大体欲しいものは持っている


アニメ関連のグッズなんかは多少興味あるものの、放送を終えたアニメのグッズは今更感を感じてしまいます
エロマンガ先生とか面白かったですが、今グッズを買うかと考えるとまぁいいかなって
今期だとメイドインアビスとかおもしろいのですが、放送が終わってからもこの興味が続くとは思えないんですね
などといったことを考えつつ、なんとなく能美クドリャフカマグカップを買ったのでした(戦利品画像の右の右)


最近の東京での過ごし方の定番といえばメイドカフェでしょうか
最初は入るのにかなり抵抗がありましたが、もうすっかり慣れて、嘘、やっぱりまだちょっと恥ずかしいです
真ん中の画像はうさまよを描いてと言ったらこうなりました
とてもかわいいですね


アニメイトの衣装展示は大阪と同じ3rdツアーの衣装でした
もっとほかの衣装が見たかったので、これはちょっと残念でした
ほかの店舗ではどの衣装が展示されていたんでしょうか
翌日に京都で開催された京まふではめちゃいっぱい展示されていたようでうらやましい





次は冬の幕張
この夏は散財が過ぎたので冬まではちょっと節約しよう

May’nさんがサプライズで登場! 全国7ヵ所で絆をつないできた“Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね」”東京公演リポート - ファミ通.com


2017年8月5日 Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!宮城


Wake Up, Gilrs! 4th Live Tour ごめんねばっかり言ってごめんね!
仙台夜公演に参加してきました
また合わせてアニメの舞台めぐりもしてきました
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


往路の飛行機でいきなり「整備点検個所が発見され確認作業をしています」と
それ欠航になったら困るし、飛んだら飛んだでそれも怖いよ


なんと偶然にも隣の席はわぐなーさんでした


仙台空港駅の発車メロディには「言の葉 青葉」のイントロが使われています(↑右の画像をクリックすると動画が見られます)


会場は仙台サンプラザホール

今回は席がかなり端の方で最初はいまいちかなと思っていましたが
正面から見て縦一列に並ぶフォーメーションを横から見られるなど、普段見られないアングルで見られたので、これはこれでよかったです
またステージからの距離はとても近かったので、表情などもしっかりと見ることができました
さらに客席に段差のある会場だったので足元まではっきりと見ることができました

やっぱり距離が近いっていうのはすごく重要だと思いました
遠くても楽曲や雰囲気は楽しめるんだけど、せっかく目の前にいるんだからパフォーマンスをしっかりと楽しみたい
いつも行こうかどうか迷って、後になってチケットを購入していることが多いのでどうしても後ろの席が多くなってしまって
これからはもう迷わずチケットを購入することにしよう

今回のステージでは、大阪昼公演では披露されなかった地下鉄ラビリンスが聴けたのが良かったです
またメドレーが大阪ではキャラソン2、仙台ではキャラソン1という変化もありました
メドレーは繋ぎの部分を共演するという演出がとてもいいですね
東京公演ではソロイベのソロ曲のメドレーをやらないかなとひそかに期待しています


終演後は味の牛たん 喜助でうんめぇにゃ〜


その後イオン仙台店に寄ってきました(↑右の画像をクリックすると動画が見られます)


今回の宿と戦利品
といっても今回購入したのはバッグステッカーのみ
パンフレットは左から、仙台公演先行配布のスターターブック、仙台観光リーフレット、スタンプラリー台紙、わぐらぶのチラシ
あとはうちわと、上下にあるのは公演中にキャノン砲で放たれた銀テープ

スターターブックは意外と内容が充実していて、新章前の復習に最適です
仙台観光リーフレットは仙台の魅力が伝えられていいんだけど、これを仙台で配布してもあまり意味がないのでは?
スタンプラリーは舞台めぐりのついでにできて、とても良かったですね
わぐらぶの更新も忘れずにちゃんとやりましたよ


翌日から本格的に舞台めぐり開始
最初に向かったのはまゆしぃが大空のプリズムを歌っていた望洋台公園


その後広瀬橋、愛宕橋を経由していったん仙台駅に戻ります


仙台駅からはるーぷる仙台という主要な観光地を周遊するバスを使ってスタンプラリーを埋めていきます
瑞鳳殿、仙台市博物館、仙台城跡、大崎八幡宮などを回りました


次に地下鉄を使って青葉神社、日立システムズホールに行きました
青葉神社は第1話でまゆしぃとあいちゃんが初詣に行った場所、日立システムズホールはわぐちゃんたちの普段の練習場所です


次は北四番丁駅周辺
ここには未来塾進学会 木町通教室(グリーンリーヴズ事務所)、喫茶ビジュゥ、熊谷屋など多くの舞台が集中しています


38mitsubachiのパンケーキとクラムチャウダー


Wake Up, Girls!のオーディション会場となった木町通市民センター
松田さんがまゆしぃを引き留めていたのは交番の目の前(右の画像、左下に少しだけ映っている白いのはパトカーです)


あいちゃんの実家、熊谷屋
娘に対する深い愛を感じますね


喫茶ビジュゥのワッフルとバナナジュース


フォーラム仙台とグリーンリーブス事務所のもとになった未来塾進学会 木町通教室


勾当台公園駅から定禅寺通り、国分町を通って青葉通一番町駅を目指します
この日は仙台七夕まつりの真っ最中で、Wake Up, Girls!新章の七夕飾りもありました


MACANAと焼とり 仙壱屋


スタンプラリーも全回収してこの日も無事終了


熊谷屋ではゆべしと菓子 林田藍里を買いました


3日目は最初に昨日人多すぎで撮影しづらかった勾当台公園に向かいました
イベントのために立ち入り禁止となっており、ステージ側からは撮影できませんでした


東北ろっけんパーク(跡地)を経由してEBeanSに向かいます


EBeanS内、MARSLAB


さすが聖地仙台
圧倒的な品揃えです


続いてEBeanS内、アニメイト仙台店
こちらにもWake Up, Girls!コーナーがありました


衣装展示はBeyond the Bottomでした


鯛きちのたい焼きと阿部蒲鉾店のひょうたん揚げを食べつつ最後に向かったのは


かやたんのバイト先、餃子の天ぱりです


このお店もとてもWUG愛に満ちていますね


充分に仙台を満喫し仙台空港に向かったら、なんと帰りの飛行機が台風のため欠航に!
初めてのソロ飛行機旅でこれは難易度高すぎでしょう


佐々直 中田バイパス店とEBeanS内GAMERS
出発を翌日の便に変更しつつ行けなかったところを追加で回ることにしました


個人的にわぐちゃんのイベントといえば麺類ということで、夕食は油そばを食べました


戦利品のその2
左はMARSLABで購入した3Dポスター
その下はわぐらぶ更新特典でもらったななみんのブロマイドとアニメイトで買ったWake Up, Girls!の小説
右はスタンプラリーの景品としてもらったサイン入り七夕和紙飾りです


4日目
仙台放送とWake Up, Girls!の名前の由来となったラブホのもととなったタイ料理屋
昼の便で帰る予定がさらに欠航になって、帰るのは夜の便になってしまい途方に暮れることに
と、ここで体力的に(主に足が)限界で、残り半日ほどは空港でWake Up, Girls!の小説を読みながら過ごしました


空港で食べたまぜそば


最後のショットは仙台空港にて
ななみんかな?


2017年7月23日 Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!大阪


Wake Up, Gilrs! 4th Live Tour ごめんねばっかり言ってごめんね!
初日の大阪昼公演に参加しました
大阪に行ったのは数年ぶりで、多分人生で二度目です
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


会場のなんばHatch
湊町リバープレイスという複合施設の中にあります


先行物販の様子
ほぼ開始時間に到着したにもかかわらずすでに400人を超える列ができていました


今回の戦利品
念願のブレードを手に入れることができてご満悦


大阪といえばたこ焼きと思いつつ昼食はお好み焼き
こちらのお店も湊町リバープレイスにあります


開場直前の様子
開場時間がかなり遅れて、私が入れたのは開演直前でした


恒例のフラワースタンド
誕生日が近かったななみんと大阪出身のまゆしぃ宛てのものが多かったですね


座席ありで755席のところをスタンディングで1500人くらいはいっており、ほぼ満員だったのではないでしょうか
それくらいあまり大きくない会場だったので、最後尾にいましたがステージはわりとよく見えました
最初のBtB衣装に似た新衣装が印象的で、くるっと回った時に長いスカートがふわっと広がってとてもすてきでした
こちらの衣装の方が今回のメイン衣装で、事前に公開されていた方は新曲「7 Senses」の衣装なのかな?

個人的に大好きなHIGAWARI PRINCESSが聞けたのは嬉しかったです
地下鉄ラビリンスも好きな曲ですがこちらは夜公演で披露されたようですね
ただI-1 clubの曲が1曲もないのが気になりました
WUGも曲が増えてきたので、I-1 clubの曲に限らず今後あまり披露される機会がなくなってしまう曲なども増えてくるかもしれませんね

新章のOP「7 Senses」、ED「雫の冠」はそれぞれ「7 Girls War」、「言の葉 青葉」をオマージュしている感じが良かったです
新章のアニメ映像も少し披露されていましたが、こちらも秋からの放映がとても楽しみです
今回のライブでは旧アニメの映像も多く使われていました
旧キャラクターデザインのものを封印して全く使わなくなるのではなく、どちらもWUGとして今後も両方とも使われるといいなと思います

さてライブ終了後にアニメイトの衣装展示を見に行くことにしました
広いスペースにこれまでの衣装の数々がところせましと飾られているに違いありません
しかも4thライブ初日ですからね
ライブ帰りのわぐなーさんもたくさんいることでしょう


は?これだけ?
想像していたものとはだいぶ違いました(わぐなーさんはちらほらいましたよ)




夕食は冷やし担々つけ麺
わぐちゃんのイベントではいつもラーメンを食べている気がします

今回やり残したこと
わぐらぶの更新(入会日の都合上8月以降じゃないと更新できなかった)
キャノン砲の銀テープが手に入らなかった(初日だからか1つ残らず誰かが持ち帰った模様)
スイーツパラダイスに行けなかった(東京公演の頃にはコラボが終わっているのでこちらはもう諦めるしかないですね)
新章OPEDを予約しなかった(わぐらぶでもほかの特典が付くようなのでそっちでいいのかなと)

テレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』は2017年10月放送決定!――WUG 4thライブツアー大阪リポート - ファミ通.com


2017年5月28日 舞台 Wake Up, Girls! 青葉の記録 Blu-rayリリースイベント

舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」Blu-rayリリースイベントに参加してきました
内容はトーク&ハイタッチ会
日帰りだったので今回は写真少なめ
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


本日も快晴ナリ


会場のあるJR川口駅


会場である川口総合文化センター リリア


座席抽選の様子
これは私が抽選し終わった頃の様子で、私が並び始めたころはこの5倍くらい並んでいました(参加者は900人くらいとのこと)
左下の黄色の人はいつもいますね(舞台の時の画像にも映ってました)
この黄色の人や緑の髪の人など、目立つ人はもう覚えてしまいました

トークの内容は先日発売されたばかりの新譜「恋?で愛?で暴君です!」の紹介や舞台「青葉の記録」の振り返りなど
座席抽選でわりと良い席(6列目)を引き当てて、かなり間近で見ることができました
前日に舞台のBlu-rayを買って視聴していたこともあり、舞台の当時が思い起こされるとてもいいイベントでした
ハイタッチは間近で目を合わせられるというだけで緊張してしまい、話しかけたりといったことはできませんでしたね


帰りの新幹線まで時間があったので秋葉原に寄りました


3月のソロイベのときにも行ったメイドカフェへふたたび
ちなみに左の画像の中央の人は社長さんらしいですよ


ぴぴよぴよぴよ♪ひよこさんライスに名前を書いてもらったり
メイドさんとWUGポーズで記念撮影をしたり
楽しくもまだやっぱりかなり恥ずかしい時間を過ごしてきました
WUGの夏のツアーでは(今のところ)東京公演には行く予定がないので、次に行くのはいつになるのかな

ネタバレ全開!? 舞台『WUG!』の裏側 | アニメイトタイムズ


2017年3月18日 ソロでイベント、やらせてください!2017

Wake Up, Girls!のソロイベントから帰ってきました
イベント自体は楽しかったけれど、やはり2泊はきつい
今回の旅の画像など
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


今回はイベント当日の出発だったため朝がとても早かったです


新幹線の中で食べた駅弁
大変おいしゅうございました


会場のディファ有明
最初の公演、開場直前の様子


1日目の有志によるフラワースタンド


こちらは2日目
とても愛があっていいと思いますが、あまりよくない噂もあるようです(会計が不明瞭とか)


最初の公演、終演直後の様子
すぐに次の公演があるので全然人が減りません


今回の宿
2泊ということでできるだけ予算を抑えたらかなりボロい古風な感じの宿となりました
会場から離れていてもいいのでとにかく安くと選んだら、2泊なのにこれまでの1泊よりもちょい高い程度に抑えられました
ただせっかくの息抜きなので、たまに泊まるのであれば、そこそこの宿の方がいいのかもしれません


2日目の夜のお食事
こちらもとてもおいしくいただきました
ちょっとおしゃれな感じのお店だったので、普段だとなかなか一人でははいりづらいですね
孤独のグルメごっこをしながら堪能しました


今回の戦利品
イベントとは関係のないものも多数ありますが

まず上段左
今回の物販で唯一買ったもので、パンフレット、CD、DVDのセットです
イベント限定販売ということでこれが欲しくて参加を決めました
結果的にイベントに満足だったとはいえ、これがイベント限定販売でなければ参加していなかったと思います

上段右の上は山下七海さんのイベントのお土産
素朴でとても彼女らしいかわいい絵本です
七海さんの公演はステージ下手側の中央寄り最前列という超優良席でした
下手に移動して歌っているときはまさに目の前だったので、もうずっと見とれていました
また毎回恒例となっている参加者全員と目を合わせるコーナーもあり大満足でした

上段右の下は田中美海さんのイベントのお土産
公演前に配られたリストバンドで、参加者全員が付けており一体感があって盛り上がりました
美海さんの公演は席はかなり後ろの方だったものの、知っている曲が多くてすごく楽しく過ごせました
中でもHIGAWARI PRINCESSは初めて参加した夏のツアーで聴いた特にお気に入りの曲だったので
これがまた生で聴けたということに感動しました

下段左はたまたま路上をライブをやっていた松山あおいさんという方のCD
子供向け番組の主題歌を歌うことが目標だそうです
とてもかわいらしく、愛嬌もあって、歌もうまくてパフォーマンスも素晴らしく、さらに作詞までできる(作曲も?)
ここまでそろっていてもデビューできるかどうかは運と努力次第というなかなか厳しい世界ですね
うさまよは松山あおいさんを全力で応援しています


下段右は人生で初めて入ったメイドカフェのご主人様認定証とボールペン
アニメの中には普通にいる、しかし現実世界では絶対にいない、萌え萌えしたメイドたちが実際にいる、そんな世界
店の入り口には女子高生が数名並んでおり、その後ろにおっさんがぼっちで並んでいる姿を想像してみてください
またデザートが運ばれてくると一緒に「萌え萌えきゅん」という呪文を念じるように強要されたりと、なかなかのハードルの高さでした

とはいえ、割と普通に楽しめましたよ
秋葉原でもかなり有名なお店のようで、メイドの女の子たちはみんなどの子も一定以上のかわいさだったと思います
また接客は萌え萌えしてますが、片付けなどは非常にてきぱきとしていて、これは相当厳しく調教教育されているんだろうなと感じました
私のほかにもぼっちのおっさんは普通に何人かいましたので、みなさんも勇気を振り絞ってぜひ行ってみましょう

さてWake Up, Girls!といえば仙台が舞台となっているアニメですが、実は劇場版では上京する場面があります
そんなわけでWake Up, Girls! 舞台めぐり 浅草編をしてきました





浅草寺のおみくじは凶ばかり出るということで有名らしいですが、これはちょっとひどくないですかね


背景の建物は五重塔のようですが、改装中で見ることができず残念



私はまゆしぃが座っていた席で食べました


手前3人が食べているであろうあわぜんざい
大変うんめぇにゃ〜でございました




前回の「君の名は。」の時よりもアニメの場面に近い風景を意識して撮影しました
さらに凝った撮影をしようと思うと、時間帯や季節なども意識しなければならず、さすがにそこまでは厳しいですね
実は毎度東京に行ったときは、特にすることがなく時間をつぶすのが大変だったりします
舞台めぐりは目的をもって楽しくあちこち移動できるので、時間の使い方としてとてもいいと感じています

Wake Up, Girls!“ソロでイベント、やらせてください!2017”は驚きでいっぱい!――それぞれの個性が溢れたイベントを7人全員分リポート - ファミ通.com
『WUG』ソロイベ 2017イベントレポ【3月18日】 | アニメイトタイムズ
『WUG』ソロイベ 2017イベントレポ【3月19日】 | アニメイトタイムズ

【朗報】Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」開催決定!
【悲報】Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR 今年も名古屋はハブられる

この発表、ソロイベ会場で見ていました
嬉しさと悲しさが同時にあふれてきました

行くことは決定ですが、問題はどの公演に行くか
案1:東京昼公演を日帰りで(今回のイベントで東京日帰りは可能だということが分かった)
案2:東京夜公演を1泊で(最終公演は何かと発表があったりすることが多い)
案3:宮城夜公演+舞台めぐりを2泊で(以前から舞台である仙台には行ってみたいと思っているがハードルが高すぎる)


2017年1月22日 舞台 Wake Up, Girls! 青葉の記録

1月22日、23日の第5回 うさまよリハーサル オフ会舞台 Wake Up, Girls! 青葉の記録のレポート
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


日本の首都、名古屋


富士山(往路)


渋谷とハチ公とモミアゲとモヒカン


会場に到着
開場2時間前からすでに人いっぱい


近くでearth gardenという催し物が開催されており、そこで時間をつぶしました
その中のライブパフォーマンスがもうめちゃくちゃ格好良く、まさに圧巻といった感じでした


開場時の様子
みにゃみ推しの人(黄色)がとても目立ちますね

私の席は8列目下手側で7列目との間に通路があり、この通路を使うという舞台演出がありました
すぐ目の前、ちょっと手を伸ばせば届きそうなところをまゆしぃが走っていきました
でも上手側はわぐちゃん全員が通って行きました
8列目は席全体としては当たりだったけど、下手側は8列目としては外れでしたね

目の前が通路で人がいないのでステージは本当に見やすかったです
後半のミニライブもパフォーマンスを間近で見ることができて大変満足でした
BDなどの映像で部分を見るのと違って、全体を見られるのは本当にいいですね
メンバーごとにダンスにも個性が表れていることなどもよく分かりました

最近はアニメの実写化はあまり歓迎されず、批判の対象になることが多い気がします
それに対して今回のWake Up, Girls!の舞台は声優自身が役者として演じています
またもともとアニメと声優との間に多くの共通点を盛り込むというのが作品のコンセプトでもありました
そのコンセプトが見事に実を結んでいたように感じました


夕食はやっぱりラーメン


今回のホテル


今回の戦利品
実はこれだけではないんだ
右上のチャーム
これをそろえたくて全部で11個買った(4つダブった)

今までこういったグッズには全く興味がなかったのだが、アニメ2期でキャラデザが変わってしまうので手に入れておこうかなと
公式サイトのキャラデザはすでに新しいものに変わっており、今後旧キャラデザのグッズはなくなってしまうのかもしれない
ランダム封入なのに11個でコンプリートできたのは奇跡といってよいでしょう
本当は大きなおともだちと交換してそろえるのがいいんだけど、そんなおともだちはいないので…

とても残念だったのはパンフレットが売り切れて買えなかったこと
パンフレットくらいは売り切れにならないくらい充分に用意しておいてほしかったな
左のリーフレットは舞台の案内に入っていたもの
聖地(仙台)巡礼用の散策マップで、いずれ活用するその日のために大切に保管しておこう


今回は新幹線と宿泊のパックに東京メトロ1日乗車券がオプションで含まれていたので、翌日はこれを使って東京散策
映画「君の名は。」の聖地巡礼をしてきました









「ここ映画のあの場所だ!」といった感動は正直全くなかったです
そこまで映画の場面を覚えていないので
ただ地図を見ながら目的地を探すのはリアル箱庭ゲーム的な感覚で楽しかったです
次は仙台でWake Up, Girls!の聖地巡礼かな


富士山(復路)

NEWS | 舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」オフィシャルサイト
成長した7人が舞台で演じる原点の物語! 舞台『Wake Up, Girls! 青葉の記録』 (1) 舞台『Wake Up, Girls! 青葉の記録』開幕 | マイナビニュース
レポート:2.5次元に新時代が!舞台「Wake Up, Girls!青葉の記録」キャストコメント&レポート - Voice Media | ボイスメディア
アニメ『Wake Up, Girls!』初の舞台作品が開幕! 新曲の披露やキャストコメントも到着!! - ファミ通.com
大坪由佳率いるI-1もスゴい! 舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」side:I-1レポート | WebNewtype
劇中には新曲も「Wake Up, Girls!」開幕に吉岡茉祐らが意気込み - ステージナタリー
あの頃の思い出が再び舞台でよみがえる!『舞台 Wake Up, Girls!青葉の記録』初日(19時の部)レポート | れポたま!
「Wake Up, Girls!」の7人が舞台に挑戦 「Wake Up, Girls! 青葉の記録」開演 : ニュース - アニメハック
舞台『Wake Up, Girls!青葉の記録』開幕!全キャストのコメント到着 | エンタステージ
【レポート】舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」 | 2.5news
舞台「Wake Up,Girls!青葉の記録」レポ   | アニメイトタイムズ
WUGの新たな側面を魅せてくれた感動の舞台!【Wake Up, Girls!青葉の記録】|Nizista (ニジ★スタ) - 声優・アニメへ虹を架ける新メディア。
笑いあり、涙あり、新曲ありの舞台「Wake Up,Girls! 青葉の記憶」初日夜公演舞台レポート! 写真も多数掲載 - アキバ総研
原点とステップアップを魅せたステージ  『舞台「Wake Up,Girls!青葉の記録」』レポート | カルチャー情報サイト「yoppy」


2016年12月11日 Wake Up, Girls! Festa. 2016 SUPER LIVE

12月11日、12日のレポート
クリックすると少しだけ大きな画像が見られます


地元の駅。住所を特定しないようお願いします


日本の首都、名古屋


横浜駅。新幹線より撮影


海浜幕張駅


幕張メッセへの道中


同日に開催されたアニメJAM出演者によるサインとコメント


高木美佑さん。最年少の彼女が今年20歳になったことで、メンバー全員が成人になりました


山下七海さん。サインというよりもイラストですね。名前になってるのかな?


田中美海さん。「みなみ」の漢字変換で「美海」とならないので地味に面倒


吉岡茉祐さん。複雑に見えるサインですがひらがなで「よしおかまゆ」と書かれています


永野愛里さん。「えいの」と読みます


奥野香耶さん。わぐちゃんの名前は通常あまり使われない漢字や読み方が多い気がします


青山吉能さん。小学生のころから声優になった時のために考えていたサインだそうです


アニメJAMの最中で物販コーナーはまだガラガラ。でもすでに売り切れのグッズもありました


幕張メッセ 国際展示場 1-8ホール 入口


幕張メッセ周辺


宿泊先ホテル。もっとぼろい民宿のようなところでもいいんだが


フラワースタンド


ファンによるフラスタ。とても愛にあふれていますね


アニメJAM終了。WUGフェス開場前の物販コーナー


終演後にTVアニメ新章のスタンドが展示さており、撮影する人たちでごった返していました。軽い暴動レベルです


帰り道で撮影。とてもきれい


夕食はラーメン。おいしかった


戦利品はパンフレット、Tシャツ、マフラータオル。
ワグナーブレード(ペンライト)が欲しかったけど売り切れ。残念
右上のブロマイドは夏のツアーで配られたカードで当選したもの。抽選150名の大変レアな逸品
しかも予定外で参加した昼公演でもらったカードで当選。今年の運を使い切れてよかったです


翌日。ホテルからの眺め


秋葉原に寄ってきました。昼食もまたラーメン


帰りの新幹線を撮影。スマホを構えるとスッと引いてくれる駅員さん


東北や北陸の新幹線。小さな子が撮影していました

リアル版"アイドルの祭典"で新TVアニメ化を衝撃発表! 「Wake Up, Girls! Festa2016 SUPER LIVE」
WUGのストーリーはまだまだ続く!――“Wake Up, Girls! Festa.2016 SUPER LIVE”リポート
リアル"アイドルの祭典"「Wake Up, Girls!Festa 2016」をレポート…ユニットのさらなる成長と新しい方向性を示した記念すべき一日に
WUG・I-1club・ネクストストームが夢の共演!「Wake Up, Girls!Festa. 2016 SUPER LIVE」


2016年8月28日 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR あっちこっち行くけどごめんね!東京


14:00 Zepp DiverCity到着
気づいたら昼公演の当日券を買っていた(事前に購入してたのは夜公演。2公演参加した)


気づいたら大量のグッズを購入してた
ファンクラブにも入ったよ


コンサートホールのようなところを想像していたけれど、すごく大きなライブハウスといった感じのところだった
キャパシティは約2500人


はじめてわぐちゃんを直に見たけど、もうほんとめちゃくちゃかわいかったです
歌も思っていた以上に上手でしたし、ダンスもトークもとてもよかった
あと今回はライブツアー最終日のサプライズとして、生バンドによる演奏でとても迫力がありました
詳しいライブレポートはこちらをどうぞ

さらに秋アニメのエンディングテーマのタイアップや、冬のライブの開催決定などのサプライズ情報も
アニメや劇場版の続編の話がまったくないわぐちゃんだけど、今後もこの調子で頑張ってほしいですね


舞台めぐり

38mitsubachi
Crosby
J&B 北目町店
LUVYA
MACANA
ガスト 仙台木町通店
コスモ石油東八番丁SS
サバイサバイ
フォーラム仙台
阿部蒲鉾店 本店
喜助 駅前中央店
喫茶ビジュゥ
熊谷屋
勾当台公園
広瀬橋
佐々直 中田バイパス店
桜ヶ丘公園
青葉城趾
青葉神社
仙壱屋
仙台レジャーランド 一番町店
仙台駅 西口
仙台駅 東口
仙台空港
仙台定禅寺ビル
仙台放送
鯛きち 名掛丁店
中山モダンハウス
中山四丁目バス停
定禅寺通り
天ぱり
東二番丁付近アーケード街
東北ろっけんパーク
日立システムズホール
望洋台公園
北四番町駅
未来塾進学会 木町通教室
木町通市民センター
霊屋橋
吾妻橋
浅草寺
東京スカイツリー
桃園
梅花園
さいたまスーパーアリーナ
飯田市動物園
JR大阪駅
サンモール一番町
愛宕神社
宮沢橋
虚空蔵堂
広瀬川
仙台城南高校付近
榴岡公園野外ステージ
新宿中央公園 水の広場
東洋興業ビル
下北沢駅前共同ビル
改良湯コインランドリー
山手線の跨線橋
宮下公園の歩道橋
中原平和公園 野外音楽堂
JR 巣鴨駅
都営地下鉄 巣鴨駅
巣鴨地蔵通商店街
仙台空港近郊
仙台空港
仙台空港駅
定禅寺通り
サン・ファン・バウティスタパーク
日和山公園
南浜つなぐ館前
お茶の井ヶ田
国際センター駅


38mitsubachi


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第8話


TVアニメ 第8話


Crosby


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


J&B 北目町店


劇場版 七人のアイドル


LUVYA


TVアニメ 第2話


TVアニメ 第2話


MACANA


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第6話


続・劇場版 前篇 青春の影


ガスト 仙台木町通店


TVアニメ 第10話


コスモ石油東八番丁SS


劇場版 七人のアイドル


サバイサバイ


劇場版 七人のアイドル


フォーラム仙台


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


阿部蒲鉾店 本店


TVアニメ 第3話


喜助 駅前中央店


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


喫茶ビジュゥ


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第6話


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


熊谷屋


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


勾当台公園


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


新章 第1話


広瀬橋


TVアニメ 第4話


佐々直 中田バイパス店


TVアニメ 第5話


桜ヶ丘公園


新章 第3話


新章 第3話


新章 第3話


新章 第4話


新章 第4話


新章 第4話


新章 第5話


新章 第5話


青葉城趾


劇場版 七人のアイドル


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


青葉神社


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


仙壱屋


TVアニメ 第3話


仙台レジャーランド 一番町店


TVアニメ 第7話


仙台駅 西口


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第6話


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


仙台駅 東口


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


仙台空港


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


仙台定禅寺ビル


劇場版 七人のアイドル


仙台放送


TVアニメ 第3話


鯛きち 名掛丁店


TVアニメ 第3話


TVアニメ 第3話


中山モダンハウス


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第2話


新章 第4話


新章 第10話


新章 第10話


新章 第13話


中山四丁目バス停


新章 第1話


新章 第4話


新章 第4話


定禅寺通り


TVアニメ 第5話


天ぱり


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


TVアニメ 第9話


TVアニメ 第9話


TVアニメ 第9話


東二番丁付近アーケード街


劇場版 七人のアイドル


東北ろっけんパーク


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


日立システムズホール


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第5話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第6話


TVアニメ 第7話


TVアニメ 第7話


TVアニメ 第7話


TVアニメ 第7話


TVアニメ 第8話


TVアニメ 第8話


TVアニメ 第8話


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


望洋台公園


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


北四番町駅


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第4話


TVアニメ 第8話


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


未来塾進学会 木町通教室


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第1話


TVアニメ 第4話


続・劇場版 前篇 青春の影


木町通市民センター


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


劇場版 七人のアイドル


霊屋橋


劇場版 七人のアイドル


TVアニメ エンディング


吾妻橋


続・劇場版 前篇 青春の影


続・劇場版 前篇 青春の影


浅草寺


続・劇場版 前篇 青春の影


続・劇場版 前篇 青春の影


続・劇場版 前篇 青春の影


東京スカイツリー


TVアニメ 第8話


桃園


続・劇場版 前篇 青春の影


続・劇場版 前篇 青春の影


梅花園


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


さいたまスーパーアリーナ


TVアニメ 第11話


TVアニメ 第12話


TVアニメ 第12話


TVアニメ 第12話


TVアニメ 第12話


TVアニメ 第12話


TVアニメ 第12話


飯田市動物園


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


JR大阪駅


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom


サンモール一番町


7 Girls War MV


7 Girls War MV


愛宕神社


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


宮沢橋


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV

虚空蔵堂


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


広瀬川


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


仙台城南高校付近


7 Girls War MV


7 Girls War MV


榴岡公園野外ステージ


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


7 Girls War MV


新宿中央公園 水の広場


少女交響曲 MV


東洋興業ビル


少女交響曲 MV


下北沢駅前共同ビル


少女交響曲 MV


改良湯コインランドリー


少女交響曲 MV


少女交響曲 MV


山手線の跨線橋


少女交響曲 MV


少女交響曲 MV


少女交響曲 MV


宮下公園の歩道橋


少女交響曲 MV


中原平和公園 野外音楽堂


少女交響曲 MV


少女交響曲 MV


JR 巣鴨駅


巣鴨でKISS ME MV


都営地下鉄 巣鴨駅


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨地蔵通商店街


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


巣鴨でKISS ME MV


仙台空港近郊


TUNAGO MV


TUNAGO MV


TUNAGO MV


仙台空港


TUNAGO MV


TUNAGO MV


仙台空港駅


TUNAGO MV


TUNAGO MV


定禅寺通り


TUNAGO MV


TUNAGO MV


サン・ファン・バウティスタパーク


TUNAGO MV


TUNAGO MV


TUNAGO MV


TUNAGO MV


TUNAGO MV


TUNAGO MV


TUNAGO MV


日和山公園


TUNAGO MV


TUNAGO MV


TUNAGO MV


南浜つなぐ館前


TUNAGO MV


お茶の井ヶ田


7 Senses MV


7 Senses MV


7 Senses MV


国際センター駅


雫の冠 MV


雫の冠 MV